白湯にして健康にも美容にもプラスに働いた話

私が美容と健康のためにはじめたのが、飲み物を基本白湯にすることです。
以前は、コーヒーを食後の度に飲み、気分転換にも、と一日3~4杯飲んでいましたが、コーヒーは体を冷やす作用があると知り、白湯を飲み始めました。
私は昔から冷え性で、いつも手足が冷たいのが悩みでしたので、白湯は冷えにもよいと聞きはじめたのです。
はじめは、白湯なんて物足りないと思っていましたが、慣れてくると、白湯がほのかに甘く感じられるようになり、飲むとほっとするようになりました。
今まではコーヒー代もけっこうかかっていたので節約にもなります。

また、私は歯並びが悪く、歯磨きを入念にしていても歯にステインがつきやすかったのですが、それも改善されたのですごくよかったです。
本来の白湯を飲む健康法として言われているのは、お湯を沸騰させてしばらく沸かしてから冷ます、とか少量をちびちびと飲む、という方法ですが、私はルールが多いと続けられないタイプですので、もうすこしゆるくしています。何か飲むんだったら白湯にしよう、という程度にしています。
外出した時は、コーヒーや他の飲み物も楽しみます。
健康法がストレスになれば本末転倒ですので、自分が心地よい程度に白湯の生活を取り入れています。